2009年04月16日

玉川温泉の泉質と効能

玉川温泉の泉質は強酸性。



だから普通の温泉とは違うので、気をつけないといけないことも沢山ありますよ。

玉川温泉を楽しむ為の注意点を簡単に説明します。 1ヶ所の源泉から1分間に約9000リットルのお湯が湧き出す玉川温泉は、日本で一番強酸性で濃度が強く、殺菌力が強いお湯です。温泉が98℃の熱水で無色透明、硫化水素臭があります。

温泉では入浴中に顔をぬぐったりすると強酸性のお湯が目に入ったりする事があるので注意してください。(癖でついついやってしまうものですよね)温泉に行くとついやってしまうのが、温泉水を飲むこと。でも、玉川温泉ではちょっと注意が必要です。玉川温泉の源泉は強酸性なので、そのまま飲めません。飲用として販売されている15倍に薄めた温泉水を飲むのがいいようですよ。ここの温泉は、それほど強い温泉ということなんですね。
玉川温泉の効能 は・・・
微量な放射線の刺激で毛細血管の拡張、新陳代謝の向上が起こることで、神経痛やリウマチなどに効菓があると言われています。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。